三線教室の最近のブログ記事

所属している野村流音楽協会の金城倶楽部新年会に参加しまた。 
場所は那覇市辻にあるレストラン宝楽、むかしからこの手のあつまりによく利用されるお店ということで、ちょっと古めの室内に歴史を感じてしまいました。 
tenten-079.jpg
練習のあとの食事ですが美味しかったです。
tenten-080.jpg
この日は先輩弟子の方(私以外はみなさん兄弟子ばかり)とはじめて合う方もおおく、緊張しまくりです。 
去年金城先生が受賞された県の功労賞についても、あらためてお祝いがされました。犬 
tenten-081.jpg

私の野村流の先生は金城正助先生ですが、2011年度の秋の文化功労賞をうけました。 
めでたいことです。 
もうご高齢でお弟子さんといえば、実際に教授される方もすくなく、私の時間では私ひとりの場合も多いです。 
あとで聞くと、本来ならもうお弟子さんはとらないという方針だったのですが、神奈川時代の恩師である宮森先生の紹介で弟子入りしました。 
わたしはこれから優秀・最高賞まで先生にはみてもらうつもりです。 
おめでとうございます。
5月30日の日曜日は野村流関東支部の総会です。 
前日はH氏のマンションにとめてもらい、今日はそのまま二人で川崎まで電車でいきました。 
12時すぎに川崎駅に到着、パス亭ちかくの海鮮どんぶり屋で昼飯をたべました。そのあと会場の県人会館むけのバスにのると、おなじ教室のお姉さま方に遭遇、にこやかに挨拶をかわします。 
中島交番前でバスを降り5分ほど歩くと、久しぶりの川崎県人会館にたどり着きました。 
DSC_0239s.jpg
時間になり開かれた総会では会計や年次報告があり、そのあとおさらい会がありました。 
久しぶりの大勢の演奏を聞いて、弾いてちょっと感激です。 
DSC_0242s.jpg
その後懇親会がひらかれ、食事をとりました。 
DSC_0243s.jpg
酒がも酌み交わされ、いよいよ座興の時間となります。 
今回の総会の参加の目的のひとつは、この座興の時間に新人賞でうたう伊野波節を独唱することです。 
参加の呼びかけにこたえて、同じ教室で今回初参加となるK嬢とともに舞台に向かいます。 
私はK嬢のあと2番目に舞台に立ちました。 
いならぶ関東支部の先生たちのまえで歌うのは久しぶりです。 
昨日喉の調子が悪いのに音高4でうたってボロボロでしたので、今日は音高を3に下げて歌います。 
結果はまあまあというところでしょうか。声はともかく、三線の演奏についてはかなり気をつけて弾いたつもりで、それなりの成果はありました。声の出し方については、やはりまだ節回しに問題があるようです。とにかく今回の旅行の大きな目的のひとつは達成できました。 
そのあとは安心して酒をのみ、2次会のお店でも楽しくはじけました。
先々週の土曜日29日にいろいろな用事にかこつけて神奈川に旅行にでかけました。 
主な目的は3月まで通っていた三線教室の先生と仲間にあい、教室主催のコンサートと流派の総会に参加するためです。 
神奈川に到着して前泊した宿からまずは教室の昼の稽古に向かいます。 
演奏会は夕方からです。 
それまで久しぶりに教室のみんなと三線の練習です。 
最近おもうのは、つくづく三線の趣味、とくに古典に関して独りで弾くことの楽しさです。 
よく民謡は聴く人のために、古典は自分のために弾くといいますが、沖縄にかえって古典を独りで弾いて練習すると心が落ち着きます。逆にいうとその分独りよがりの曲になる可能性があるので、余計に先生や他の方の意見を聞くことが大切だととくに感じます。 
この日は昼からだというのに、たくさんの生徒さんがきておられて、一緒に練習できて楽しかったです。 
しかし到着して一番に伊野波節を歌うも、喉の調子がわるくあまり先生からよい講評がいただけませんでした。 
体調管理も実力のうちなので、反省ものです。 
夕方になり、あらかたの生徒さんは帰るのですが、演奏会に出演するM先生とH氏、それに踊りのTさんと4人で教室をでて、会場に向かいます。 
電車を乗り継ぎついたのは小田急線の秦野駅、今日の演奏会の会場はそこから車で10分ほどのところにある中国料理店「洞天福地」にて第1回琉球音楽の夕べという題でもよおされました。
DSC_0165s.jpg 
会場には地謡でA氏や太鼓のFさんもきています。 
私はとりあえずスタッフとして会場の準備をしたり写真をとったりのお手伝いをします。 
やがて時間となり約2時間の演奏会が始まりました。 
演奏内容は少しかわりましたが、お知らせの内容は以下とおり。 

期日:2010年5月29日(土) 
第1部18時30分開演 第2部20時開演 
出演:大和市宮音会社中 

第1部 
かぎやで風・ごえん節・辺野喜節 
舞踊 かぎやで風 
松竹梅・夜雨節・浮島節 
舞踊 踊りくはでさ(四つ竹) 
なりやまあやぐ 
てぃんさぐの花 
舞踊 上り口説 
十九の春 
舞踊 貫花 

第2部 
渡りぞう・瀧落菅撹・安波節・湊くり節・中作田節 
舞踊 前之浜 
干瀬節 
子持節 
舞踊 浜千鳥 
春の踊り・江佐節 
涙そうそう 
舞踊 瓦屋節 
 
安里屋ゆんた 
舞踊 鳩間節 

みなさん熱演でしたが踊りのTさんの頑張りには頭がさがりました。 
DSC_0186s.jpg
演奏がおわり、お店から食事の提供があり、泡盛を飲んで演奏会の成功を祝いました。
DSC_0230s.jpg

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.13-ja

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち三線教室カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはてんてんライブです。

次のカテゴリは三線製作です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。