沖縄さんしん合奏団の最近のブログ記事

夜の8時に首里のフローリスト花枝にいきました。 
金曜夜のてんてんライブ会場のお店です。 
本日は沖縄さんしん合奏団の打ち合わせです。 
約束の8時前につき、待っていると人がすこしづつあつまってきました。 
人数は6人ほど、高江洲義寛先生を中心に沖縄さんしん合奏団のメンバーがあつまりました。 
この団体はこの10月20日に旗揚げしたばかりの会です。 
琉球新報社の記事によると、沖縄の三線の魅力を世界につたえたいとのことです。 
20101102_02.jpg
ユニークなのは通常の三線以外に3種類のビッグな三線を特注していることです。 
そのなかでも最大は棹の長さが1メールほどのものもあります。 
写真は中ぐらいのおおきさです。 
20101102_01.jpg
今回はいつのまにかメンバーに入っていた私とともに他のの数人で、誰がどの楽器を担当するかという話になりました。ビッグ三線をひいたらとの声もあり、ちょっとビビリ気味です。 
団は最終的に普通の三線以外にビッグ三線3種類、笛・箏・胡弓、たぶん太鼓などもくわわり、結構大所帯の団体になりそうです。 
写真は中ぐらいの大きさの三線です。充分でかいです。 
来年3月には対外的な公演をおこないたいとのことです。 
うーん、三線チェロの奏者にでもなろうかしら

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.13-ja

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち沖縄さんしん合奏団カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは野村流音楽協会那覇支部です。

次のカテゴリは本の紹介です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。