第367回ライブ空間「てんてん」金曜ライブ報告

| コメント(0) | トラックバック(0)
時 2015年10月9日 PM7:30 
歌・三線 山内秀吉 
琴 上条三枝子 
場所 首里山川町1-7 フローリスト花枝2階 
連絡先  090-1513-1285 meil tenten34@fs-hana.com 

ライブの演目は以下のとおり
tenten-575800-2015年10月16日 14時22分.jpg
    1】 金武節・長伊平屋節・出砂節 - 幕開け3曲演奏
★  2】【世礼譜の読み方・声楽譜の表記法】首里節を通して - 解説
    3】 仲間節・仲村渠節・赤田風節
★  4】【湛水流】- 作田節
    6】 散山節・仲風節・述懐節
tenten-400268-2015年10月16日 14時21分.jpg
今回のてんてんライブのお題は『世礼譜の読み方・声楽譜の表記法』-首里節を通して-です。
山内先生の解釈による世礼楽譜の読み方を、中巻の首里節を解説しながら行います。
講義は前半は上吟・下吟からはじまる基本的な声楽技法の解説。
後半はぢゃんな節の工工四を、一節ごとに分解して、演奏しながら声楽技法の解説です。
首里節は琉球新報社主催の古典コンクール、優秀賞の課題曲の一つです。
自分で弾いているときには、すっと流して演奏してしまう曲ですが、一節づつこだわりながら解説を聴いていると、良い曲だというのがあらためて感じられます。
tenten-400268-2015年10月16日 14時21分[1].jpg
懇親会はいつものように楽しく、美味しく過ごしました。
今回の料理の注目は、「足テビチ入り沖縄風おでん」です。
沖縄料理に関しては全ての人に好かれると言い難く、とにく足テビチは好き嫌いがわかれる料理素材の一つだと思います。
山内先生のつくる足テビチ料理に関してはこれまで食べた中で、一番美味しいのではないかと、常々思っています。
tenten-400268-2015年10月16日 14時22分.jpg
次回のライブは第368回、中巻の「諸鈍節」を通して世礼声楽表記法を考えるです。
-----------------------------------------
ライブ空間「てんてん」HP 
http://tententen.ti-da.net/

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.sisa.jp/mt5/mt-tb.cgi/437

コメントする

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.13-ja

このブログ記事について

このページは、シーサーが2015年10月 9日 19:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「366回ライブ空間「てんてん」金曜ライブ報告」です。

次のブログ記事は「第368回ライブ空間「てんてん」金曜ライブ報告」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。