2015年8月アーカイブ

日時 2015年8月21日 PM7:30 
歌・三線 山内秀吉 
琴 上条三枝子 
場所 首里山川町1-7 フローリスト花枝2階 
連絡先  090-1513-1285 meil tenten34@fs-hana.com 
tenten-575800-2015年08月24日 18時20分.jpg
てんてんライブ、本日のお題は2題湛水流は首里節の演奏と講義は【世礼楽譜の再考】で『仲風節』の解説となります。
tenten-400268-2015年08月24日 18時19分.jpg
ライブの演目は以下のとおり

    1】長伊平屋節・赤さこはでさ節   - 幕開け2曲演奏
★  2】【世礼楽譜の再考】「散山節」                   - 楽曲解説
    3】「しょんだふ」しょんだふ節・それかん節・やれこのし節 
★  4】【湛水流】- 首里節 -
    6】 仲風節・述懐節              - 二揚
tenten-400268-2015年08月24日 18時19分[1].jpg
ライブの講義のお題は仲風節の分析です。
二揚げ独唱曲の中でも、好きな曲であり、なおかつ難曲のひとつではないでしょうか。
なにせこの曲高いところは九まで有りますからね。
しかも講義を聞いていると、発声に仕方にいろいろ工夫がいるところがいくつか。
さらに言えば講義でいつも言われている上げ下げ吟をしっかりマスターしていないと、この曲は美しく歌えないかもと思いました。
来週の最高賞の課題曲の一つでもあり、待望の講義のでした。
tenten-400268-2015年08月24日 18時19分[4].jpg
後半の懇親会もいつもどおりに美味しい料理が一杯です。
本日の注目は牛肉の野菜炒めです。
久し振りに食べる牛肉ですが、良い肉を使っているらしく、分厚いのですが、柔らかく美味しくいただきました。
tenten-400268-2015年08月24日 18時19分[2].jpg
もう一品はサラダです。
毎回出てくるサラダですが、実は多くの材料を山内先生が手入れしているてんてんファームからもって来ています。
それが最近の台風で、先週は出来ませんでした。それがようやく出来てきて、久し振りにに新鮮なサラダを頂きました。
tenten-400268-2015年08月24日 18時19分[3].jpg
沖縄料理の基本は太陽をいっぱい浴びた野菜ではないかと、常々思っています。
その意味では山内・上條先生には美味しく健康にも良い料理をいつもありがたく頂いています。感謝です。
来週のてんてんお盆のウークィにあたるとのことで、一周飛んで9月4日の開催になります。講義のお題は「述懐節」これもまた楽しみです。
-----------------------------------------
ライブ空間「てんてん」HP 
http://tententen.ti-da.net/

時 2015年8月14日 PM7:30 
歌・三線 山内秀吉 
琴 上条三枝子 
場所 首里山川町1-7 フローリスト花枝2階 
連絡先  090-1513-1285 meil tenten34@fs-hana.com 
tenten-400268-2015年08月24日 17時57分.jpg

てんてんライブ、本日のお題は【世礼楽譜の再考】で『散山節』の解説となります。
そして特別企画、急遽申込みがありまして、古典コンクール参加者による、飛び込み演奏です。
tenten-400268-2015年08月24日 17時57分[1].jpg

ライブの演目は以下のとおり

    1】伊江節・長伊平屋節・あがさ節   - 幕開け3曲演奏
★  2】「散山節」                     - 楽曲解説
    3】「しょんだふ」しょんだふ節・それかん節・やれこのし節 
★  4】特別企画 古典コンクール参加者による演奏。
ジャンナ節・子持節
    6】仲風節・述懐節                 - 二揚下出

ライブの講義のお題は散山節の分析です。
二揚げ独唱曲の中でも、最初の干瀬節から散山節まではひとくくりにされて優秀賞の課題曲にされていますが、実際とのところ今回の講義の分析でもわかりましたが、散山節は難しい曲です。
細かく、高く、難しい節回しが全体につづきます。
山内先生の分析どおりに歌えたら、凄いことになると思います。
今回は通常のライブのながれに、急遽古典コンクールに出場する方が二人、コンクール前の練習もかねて、演奏をしました。
今年の課題曲は「じゃんな節」と「子持節」です。二人とも緊張していましたが、とりあえず最後まで演奏しました。
本番を頑張れと激励しました。
tenten-400268-2015年08月24日 17時57分[3]のコピー.jpg
後半の懇親会の今回の注目は季節の魚をつかったスクガラス豆腐と中身をつかった沖縄そばです。
tenten-400268-2015年08月24日 17時56分[2].jpg
スクガラスは生を手に入れて自分で漬けたものを使用、沖縄豆腐のうえにきゅうりをスライスして、その上にスクガラスです。
見た目も味も素敵な一品です。
tenten-400268-2015年08月24日 17時56分.jpg
注目のもう一品は中身の汁を使った沖縄そばです。もともと中身の汁だけでもスープとして美味しく、大好きな一品ですが、それにそばをいれて沖縄そばにしていただきます。
実に上手い。
tenten-400268-2015年08月24日 17時56分[1].jpg
両品とも手のかかった贅沢な品々です。

-----------------------------------------
ライブ空間「てんてん」HP 
http://tententen.ti-da.net/

tenten-579800-2015年08月10日 14時59分.jpg
日時 2015年8月日 PM7:30 
歌・三線 山内秀吉 
琴 上条三枝子 
場所 首里山川町1-7 フローリスト花枝2階 
連絡先  090-1513-1285 meil tenten34@fs-hana.com 

tenten-400268-2015年08月10日 14時59分.jpg

てんてんライブ、本日のお題は二題で、【湛水流の伝承】と【世礼楽譜の再考】で『子持節』となります。

ライブの演目は以下のとおり

    1】本田名節・長伊平屋節・伊江節   - 幕開け3曲演奏
★  2】「子持節」                     - 楽曲解説
    3】「舞踊天川」天川節・仲順節     - 本調子2曲演奏
★  4】湛水流-暁節揚・作田節揚出   - 本調子
    6】仲風節・述懐節                 - 二揚下出

tenten-400268-2015年08月10日 15時00分.jpg

8月に入り、古典コンクール期間の特別企画でしょうか。
本日のお題は優秀賞の課題曲の一つである子持節です。
講義は前半が弦楽部と声楽部の基本的な考え方や勘所の技法解説が行われました。
後半は実際の楽曲の内容を追いながら、実技を伴いながら曲の説明です。
子持節は干瀬節にくらべると、これといった特徴もなく、節も繰り返しで構成されているので、覚えやすいといえばそうなのですが、細かい部分で丁寧に演奏しないといけません。
そこのところ丁寧に講義では解説されていました。

tenten-400268-2015年08月10日 15時00分[4].jpg

後半は懇親会です。
今回もいろいろ美味しい品揃えの料理が一杯でしたが、今回の注目の3品です。
一つは足テビチの煮込み(沖縄風おでん)
写真でみてもらってもわかるとおもいますが、とにかく具がどれも綺麗に煮込んであり、テビチは箸でつまんでホロホロ崩れます。ウチナーと大和料理のコラボレーションですね。

tenten-400268-2015年08月10日 15時00分[2].jpg

次の一品はフーイリチー。
沖縄特産の車麩をちぎって、出汁と卵をたっぷりつけて焼き上げたものです。
麩と卵のフワフワ感としっかり効いた出汁がたまりません。ビールにも泡盛にも合います。

tenten-400268-2015年08月10日 15時00分[3].jpg

さらに紹介したいのが、定番のゴーヤーチャンプルー。
ゴーヤーのほろ苦さ、スパムの旨味、豆腐の食感とこれもまた泡盛に合う一品となります。
暑い夏の、良い音楽と美味しい料理ですごす一時。

tenten-400268-2015年08月10日 15時00分[1].jpg

てんてんライブ、美味しい時間を有り難うございます。

----------------------------------------------------------
ライブ空間「てんてん」HP 
http://tententen.ti-da.net/

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.13-ja

このアーカイブについて

このページには、2015年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年7月です。

次のアーカイブは2015年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。