2015年7月アーカイブ

日時 2015年7月31日 PM7:30 
歌・三線 山内秀吉 
琴 上条三枝子 
場所 首里山川町1-7 フローリスト花枝2階 
連絡先  090-1513-1285 meil tenten34@fs-hana.com 
tenten-587800-2015年08月02日 21時25分.jpg
てんてんライブ、本日のお題は二題で、【湛水流の伝承】と【世礼楽譜の再考】で『干瀬節』となります。
tenten-400268-2015年08月02日 21時25分[6].jpg
ライブの演目は以下のとおり

    1】本田名節・長伊平屋節・港原節  - 幕開け3曲演奏
★  2】「干瀬節」     - 楽曲解説
    3】仲間節・仲村渠節・赤田風節     - 本調子3曲演奏
★  4】湛水流-諸鈍節              - 本調子
    5】仲風節・述懐節                       - 二揚下出
tenten-400268-2015年08月02日 21時25分[5].jpg
明日は8月ということで、そろそろ古典コンクールの季節がやって来ました。
ということで、本日のお題は優秀賞の課題曲の一つである干瀬節です。
講義はひさしぶりに弦楽部と声楽部にわかれて、それぞれの基本的な考え方や勘所の技法解説が行われました。
途中からは実際の楽曲の内容を追いながら、実技を伴いながら曲の説明が行われました。
なかなか高度な内容ながら、よくまとめられた解説でした。

後半は懇親会です。

tenten-400268-2015年08月02日 21時25分[2].jpg

今回もいろいろ美味しい品揃えの料理が一杯でしたが、注目は2品です。
一つはカンダバーの炒めもの。
通常カンダバーというと、サツマイモの葉のことですが、今回出されたのはある地域特産のカンダバーで、名前がついていたのですが、忘れました。
ベーコンらしい肉との相性が抜群で、ビールが進みます。
tenten-400268-2015年08月02日 21時25分[3].jpg
もう一品はシブイの冷たい煮込みです。
こちらは鶏肉とシブイの煮込みですが、夏向けに冷たくしていただきます。
こちらも味が染みて上手かった。
tenten-400268-2015年08月02日 21時25分[1].jpg
それ以外にも春巻きの皮をつかったプチアップルパイやもやしたっぷり担々麺など、美味しい料理が一杯でした。
tenten-400268-2015年08月02日 21時25分.jpg
tenten-400268-2015年08月02日 21時25分[4].jpg-------

今週もまた美しい歌に三線、琴の演奏と美味しい料理の数々、楽しいひとときありがとうござました。
---------------------------------------------------
ライブ空間「てんてん」HP 
http://tententen.ti-da.net/


日時 2015年7月24日 PM7:30 
歌・三線 山内秀吉 
琴 上条三枝子 
場所 首里山川町1-7 フローリスト花枝2階 
連絡先  090-1513-1285 meil tenten34@fs-hana.com 
tenten-575800-2015年07月27日 18時16分.jpg
てんてんライブ、本日のお題は二題で、【湛水流の伝承】と【世礼楽譜の再考】で『歌出と歌切』となります。
tenten-400268-2015年07月27日 18時15分[2].jpg
ライブの演目は以下のとおり

    1】 本嘉手久節・長伊平屋節・本部長節   - 幕開け3曲演奏
★  2】 世礼楽譜の考察「歌出と歌切」     - 楽曲解説
    3】 仲間節・仲村渠節・赤田風節        - 本調子3曲演奏
★  4】 湛水流「ぢゃんな節」               - 本調子
    6】 仲風節・述懐節                   - 二揚下出
tenten-400268-2015年07月27日 18時15分[3].jpg

歌出と歌切(うただしとうたじり)とは弦楽部において、声の出し始めと出し終わりについてです。
工工四でいうと弦楽部にある○印が歌出で□印が歌切というわけです。
この部分に着眼した解説など、初めて聴きました。
工工四の基礎構造である奇数偶数升の強弱にのっとり、声も強弱で出すという事を基本に、論が展開していきます。
実におもしろい講義となりました。

後半は懇親会です。
今回もいろいろ美味しい品揃えの料理が一杯でしたが、注目は2品です。
一つはチラガーとシシトウの煮込み。
チラガーのコリコリした食感とシシトウの仄かな苦味が口のなかに広がります。

tenten-400268-2015年07月27日 18時15分[1].jpg

もう一品はテビチの煮込みです。

tenten-400268-2015年07月27日 18時15分.jpg

テビチは骨なしテビチで一緒に煮込んだ野菜を、リーフオクラの葉を下敷きに出てきました。
もうどれひとつ食べても絶品の柔らかさと味わい、とくにリーフオクラを巻いて食べた骨無しテビチが絶品です。
聴くと昨日から煮込んでおり、それもただ煮こむわけではなく、味を染みこませるために何度か火を止めて冷ましては、また温めるを繰り返してできあがったという、手間のかかった一品です。
見た目とともに泡盛のお供に最高です。

楽しく、美味しくライブの一夜でした。

----------------------------------------------------------
ライブ空間「てんてん」HP 
http://tententen.ti-da.net/

日時 2015年7月17日 PM7:30 
歌・三線 山内秀吉 
琴 上条三枝子 
場所 首里山川町1-7 フローリスト花枝2階 
連絡先  090-1513-1285 meil tenten34@fs-hana.com 
tenten-575800-2015年07月20日 18時17分.jpg
てんてんライブ、本日のお題は二題で、【湛水流の伝承】と【世礼楽譜の再考『ミグヰとクダミの関係』】となります。
tenten-400268-2015年07月20日 18時18分.jpg
ライブの演目は以下のとおり

    1】 ちるれん節・長伊平屋節・本部長節   - 幕開け3曲演奏
★  2】 世礼楽譜の考察「ミグヰとクダミの関係』」  - 楽曲解説
    3】 花風節・本花風節・赤田花風節     - 本調子3曲演奏
★  4】 湛水流「首里節」                - 本調子
    5】 仲風節・述懐節                - 二揚下出

ミグヰに比べてあまりつかわることがないクダミ技法、その関係について今回の山内先生の講義は意外な結論を出しました。
二つの技法は、兄弟のような関係があるとの解説納得です。

tenten-400268-2015年07月20日 18時18分[1].jpg

後半は懇親会です。
美味しい料理数々です。

tenten-400268-2015年07月20日 18時18分[4].jpg
今回の注目はイカ墨沖縄そばです。
イカ墨を汁にした沖縄そばですが、実に美味しいものでした。

tenten-400268-2015年07月20日 18時18分[5].jpg

次に紹介する料理は麩をつかった卵と麩のステーキ、麩はお弟子さんの方の差し入れの車麩です。
これがまた美味い。お酒にあう一品です。

tenten-400268-2015年07月20日 18時18分[3].jpg

今回は模合も兼ねて、参加者も多くて楽しく、美味しくライブの一夜でした。

----------------------------------------------------------
ライブ空間「てんてん」HP 
http://tententen.ti-da.net/

三線づくりで師事していた新垣先生が亡くなって早2年がたちました。
廃墟となっていた旧三線工房と住んでいた住宅が、とうとう解体されました。
なんだかとてもさびしいです。
新工房は自宅の裏に移転しました。
今は事情があって身動きとれませんが、はやく三線づくりに取り組みたいです。

tenten-400268-2015年07月20日 18時15分.jpg

日時 2015年7月10日 PM7:30 
歌・三線 山内秀吉 
琴 上条三枝子 
場所 首里山川町1-7 フローリスト花枝2階 
連絡先  090-1513-1285 meil tenten34@fs-hana.com 
tenten-575800-2015年07月20日 17時52分.jpg
てんてんライブ、本日のお題は二題で、【湛水流の伝承】と【世礼楽譜の再考『ミグヰ次第上げとミグヰ持吟』】となります。
tenten-400268-2015年07月20日 18時08分.jpg
ライブの演目は以下のとおり

    1】 ごえん節・長伊平屋節・坂本節   - 幕開け3曲演奏
★  2】 世礼楽譜の考察「ミグヰ次第上げとミグヰ持吟」  - 楽曲解説
    3】 仲間節・諸鈍節・しゃうんがない節     - 本調子3曲演奏
★  4】 湛水流「作田節」                - 本調子
    6】 仲風節・述懐節                - 二揚調子

tenten-400268-2015年07月20日 18時09分.jpg

上巻節の半分に使われているにもかかわらず、ミグヰは技法解説されることがあまりありません。
おかげで山内先生の講義を聴くことで、理解が深まり本当に助かります。

後半は懇親会です。
今回もいろいろ美味しい品揃えの料理が一杯でしたが、とりあえずの一般はジャージャー麺。
tenten-400268-2015年07月20日 18時03分.jpg
楽しく、美味しくライブの一夜でした。
日時 2015年7月3日 PM7:30 
歌・三線 山内秀吉 
琴 上条三枝子 
場所 首里山川町1-7 フローリスト花枝2階 
連絡先  090-1513-1285 meil tenten34@fs-hana.com 
tenten-575800-2015年07月20日 17時39分.jpg
てんてんライブ、本日のお題は二題で、【湛水流の伝承】と【世礼楽譜の再考『次第下げとユルシの関係』】となります。
tenten-400268-2015年07月20日 17時39分.jpg
ライブの演目は以下のとおり

    1】 本散山節・長伊平屋節・つなぎ節   - 幕開け3曲演奏
★  2】 世礼楽譜の考察「次第下げとユルシの関係」  - 楽曲解説
    3】 なからた節・瓦屋節・しゃうんがない節     - 本調子3曲演奏
★  4】 湛水流「暁節」                   - 本調子
    6】 仲風節・述懐節                - 二揚調子

ユルシなどの特殊と思われる技法が、実は基本である上吟と下吟の応用であるということが、よく分かる講義でした。
tenten-400268-2015年07月20日 17時39分[1].jpg
後半は懇親会です。
今回もいろいろ美味しい品揃えの料理が一杯でした。
tenten-400268-2015年07月20日 17時40分.jpg
楽しく、美味しくライブの一夜でした。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.13-ja

このアーカイブについて

このページには、2015年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年6月です。

次のアーカイブは2015年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。