2013年9月アーカイブ

今年3月から担当している自治会の班長の仕事。 
半年で交代ですが、その最後が9月16日の敬老会のスタッフです。 
午後2時に自治会館に班長達があつまり、会場に飲み物や食べ物運び込み、椅子や机を並べ、開場の準備をします。 
やがてお歳をめした先輩方やその付き添いや地域の顔の人たちが集います。 
アダルトな雰囲気(有り前か!!)が充満します。 
会長や偉いの方の祝福の言葉が述べられ、時間は進み舞台は余興にはいります。 
その間にも参加者はふえつづけ、結構ひろいはずの自治会館の席がみるみる埋まります。 
あとで聞くと過去最大の参加者で180名ぐらいはいたのではないかと。地域のおじいとおばあの大集合でした。 
宇栄原は住民あたりのご年配者の割合が高いとのことでした。 
家族のなかにおじいちゃんとおばあちゃんが居るのはなにかいいです。 
舞台では恒例のかぎやで風とか婦人会のフラダンスなど様々な踊りが行われます。 tenten-800536-2013年09月17日 21時17分[1].jpg
なかには日系ハワイのすごい若くて美人のベリーダンスなどもあり、おじいちゃんだけではなく、ご婦人方も眼をキラキラさせる場面もあり、微笑ましかったです。 tenten-800536-2013年09月17日 22時30分.jpg
後半は地域の歌姫、長嶺ルーシーさんが出演して、その美しい声を聞かせてくれます。 
tenten-800536-2013年09月17日 21時18分.jpg
ますます上手さが際立ってきています。 
会がおわり、外にでると地域の旗頭が帰る人達を迎えて踊っていました。沖縄のオジーとオバー永遠なれって感じですかね犬 
tenten-800536-2013年09月17日 21時17分.jpg


日時 2013年9月13日 
日 PM7:30 
歌・三線 山内秀吉 
琴 上条三枝子 
場所 首里山川町1-7 フローリスト花枝2階 
連絡先  090-1513-1285 meil tenten34@fs-hana.com 
お題 :開設六周年記念 湛水流を歌う 
tenten-8001113-2013年09月16日 21時17分.jpg
今回はてんてんの金曜ライブ六周年の特別版です。一挙湛水流七種九曲を歌います。 
湛水流の曲といえば毎回ライブで一曲は歌われていますが、それが今回は全曲を通して唄われます。 
しかし260回で六周年といえば、本当に毎週金曜日になにかしら人に聞かせるライブ6年間つづきてきたということで、並大抵のことではありません。 
しかしも今回は特に複雑な手をもつ難曲ばかりの湛水流を全曲ですからね。 
聞くほうも大変ですが、もちろん演奏するほうも超絶ってかんじです。 
お疲れ様です。 
そしてまた聞かせて下さい。 
tenten-800536-2013年09月17日 21時14分.jpg
-- 曲 目 -- 
作田節 
早作田節 下げ出し・上げ出し 
首里節 
ぢゃんな節 
諸鈍節 
揚作田節 下げ出し・上げ出し 
暁節 
------------- 
懇親会ではたまたま旅行中のオランダ人の二人組や日系ブラジルの方など、結構いろんな方が来ていました。
tenten-800536-2013年09月17日 21時14分[1].jpg


独唱します。

| コメント(0) | トラックバック(0)
コンクールが終わって、来年の教師免許をめざして、日々練習に励む毎日です。
今日は週一の三線の練習の日で、先生のお宅に伺いました。 
練習中に11月の協会の那覇支部の総会で私が独唱することに決まったとの話をされました。曲目は2揚げ「干瀬節」・・・・話をきいて、表面上は判りましたとニコニコしていましたが、実際はかなりドキドキです。
総会では数曲を全員で合奏しますが、2人ほど選ばれて舞台にあがり、琴を伴奏に独唱します。
去年までは他人ごとでしたが、まさか今年は自分が指名されるとは・・・・秀賞が終わってホッとしていたのですが、これはまた11月までに精進しなくちゃなりません。
時 2013年9月6日 
日 PM7:30 
歌・三線 山内秀吉 
琴 上条三枝子 
場所 首里山川町1-7 フローリスト花枝2階 
連絡先  090-1513-1285 meil tenten34@fs-hana.com 
お題 :世礼楽典を理解するために こてい節 
tenten-8001151-2013年09月07日 23時11分.jpg
今回の曲分析のお題はこてい節です。 
こてい節は野村工工四の上巻のなかでは、比較的長い曲で私の好きな曲の一つです。 
まあ歌うと結構難しいですが。 
歌詞は 
「ときはなるまつの かはることないさめ いつもはるくれば いろどまさる」 
訳「いつも変わらないようにみえる松も 春が来れば 色良く見える」 
というものです。 
とくに特徴というものがなさそうなに、典雅な雰囲気があり、上巻節のなかではちょっと異色です。 
山内先生の解説で、この曲の特徴として他の上巻節の曲にくらべて、あまり技巧的に難しい発声技法はつなておらず、音組織からすると上巻節というよりは中巻節の仲間に加えてよいぐらいの曲だというが結論でした。さもありなんと納得です。 
tenten-800536-2013年09月07日 23時12分[1].jpg
-- 曲 目 -- 
かぎゃで風節 
長伊平屋節 
解説-世礼楽典を理解するために こてい節 
こにや節 
本部節 
坂本節 
湛水流&野村流 諸鈍節 
古見之浦節 
散山述懐節 
二揚仲風節を遊ぶ - 仲風節 
------------- 
懇親会ではバジルソースのパスタが相変わらず大人の味で美味しかった。 
この日も庭から取ってきシークワーサーで泡盛を割って飲んで、ウチナーの酔っぱらいの幸せをしみじみと感じてしまいました。 
tenten-800536-2013年09月07日 23時12分.jpg
てんてんライブも来週で260回、ほぼ毎週金曜日に行って5週年だそうです。 
来週は湛水流オンパレードです、久し振りに山内先生の湛水流全曲が聞けます。 
楽しみです。 



ウェブページ

Powered by Movable Type 5.13-ja

このアーカイブについて

このページには、2013年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年8月です。

次のアーカイブは2013年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。