2012年10月アーカイブ

第214回ライブ空間「てんてん」金曜ライブ報告 
日時 2012年10月26日 PM7:30 
唄三線 山内秀吉 琴 上條三枝子 
場所 首里山川町1-7 フローリスト花枝2階 
連絡先   090-1513-1285 meil tenten34@fs-hana.com 
お題 : 湛水流と野村流の比較② 
tenten-8001113-2012年10月31日 23時27分.jpg
てんてんライブは湛水流と野村流の比較②として演奏される曲は「ぢゃんな節」でした。 
野村流の歌詞では恋愛歌、湛水流では琉球の世を寿ぐ歌ということで、それぞれ歌の趣旨は違いますが、味わい深い所は変わりません。 
山内先生の説よると沖縄の古典音楽は、同じ曲でも歌詞で悲しい歌と喜びの歌の両方が存在できるとのことです。 
曲のなかの半音の取り扱いがそうさせているとか。 
それだれに唄者は歌詞の内容を深く理解しないと、その趣がだせないとのことです。 
まだ自分には理解しがたいところですが、頭のどこかに入れておいて演奏する必要がありそうです。 
tenten-800536-2012年10月31日 23時27分.jpg
それにしても最後の2揚げ5曲はいつもながら圧倒の迫力です。 
わたしだったら最初の1曲でもうギブアッブです。 
2部の懇親会の料理はマグロのカマの部分の煮付けです。沖縄のニガナが一緒に煮込んであり、実際食べると苦いのですが、薬としての効能もあるとか。 
美味しくて健康になる料理で、泡盛が美味かったです。犬
tenten-800536-2012年10月31日 23時27分[1].jpg
来週は11月2日の金曜日、お題は湛水流と野村流の比較③として、料理される曲は首里節です。
興味のある方はぜひよってみて下さい。

第213回ライブ空間「てんてん」金曜ライブ報告 
日時 2012年10月19日 PM7:30 
唄三線 山内秀吉 琴 上條三枝子 
場所 首里山川町1-7 フローリスト花枝2階 
連絡先  090-1513-1285 meil tenten34@fs-hana.com 
お題 : 湛水流と野村流の比較① 
tenten-8001113-2012年10月23日 22時25分.jpg
今回からのお題はしばらく湛水流5曲と野村流5曲の唄い比べです。 
今回は作田節の比較です。 
tenten-800536-2012年10月23日 22時25分.jpg
もともと湛水流は野村流の元になった流派といわれ、とくに湛水流のメインである大節5曲の作田節・ぢゃんな節・首里節・諸鈍節・暁節はそれぞれ野村流にもあります。 
5曲は野村流の優秀賞の課題曲でもある重要な曲ですが、それが元の湛水流ではどう歌われていたのか。さらにそれを野村流と唄い比べることにより、かわったものは何なのか・・・・。 
山内先生は湛水流でもほぼ第一人者の方ですが、野村流でも野村流保存会の師範の資格をもっておられるほどの実力者です。両方の曲を聞き比べるのにはこれほど適した人は居ないかも知れません。 
このような試みによりそれぞれの流派の本質みたいなものを理解する手立てになるのではないかと思われます。 
この企画じたいは以前にもありましたが、そのころに比べて私の耳も多少向上していのではないかと思われ、抱く感想も自分の中でかなり変化していることが感じられました。 
どちらも聴き比べると両派ともそれぞれに特徴があり、魅力的です。 
いまはまだ野村流だけでも来年の優勝賞の試験にむけてアップアップの状態ですが、いつか両派の曲を自分のものとして歌えるようになりたいと思いました。 
この日の懇親会のウチナーそば美味しゅぅございました。
tenten-800536-2012年10月23日 22時25分[1].jpg
次回第214回ライブ空間「てんてん」金曜ライブは「湛水流と野村流の比較②」としてぢゃんな節を取り上げています。
お近くの方はぜひよってみて下さい。

日時 2012年10月12日 PM7:30 
唄三線 山内秀吉 琴 上條三枝子 
場所 首里山川町1-7 フローリスト花枝2階 
連絡先  090-1513-1285 meil tenten34@fs-hana.com 
お題 : 昔節5節を謡きゅる 
tenten-800536-2012年10月14日 12時26分.jpg
今回は野村流の中巻の大節5節とそのチラシの曲、合わせて10節をライブ演奏で聴きました。 
1.作田節+早作田節 
2.ぢゃんな節+大兼久節 
3.首里節+仲順節 
4.諸鈍節+芋の葉節 
5.暁節+瓦屋節 
です。 
tenten-8001113-2012年10月14日 12時26分.jpg
大節5節は野村流の優秀賞の課題曲でもあり、また曲の演奏前にはそれぞれの曲の特徴などの解説もあり、現在ぢゃんな節を覚えるのに苦労している身としてはありがたい選曲です。とくにちらしの曲とセットになっての演奏はなかなか聴く機会tenten-800536-2012年10月14日 12時27分.jpgがなく、参考になりました。 

参加した観客は前回と違い少なかったですが、懇親会では曲覚える際のコツなどの話題もあり、実に有意義な会となりました。 

来週のお題は「野村流と湛水流の比較①」として作田節と舞踊曲を取り上げています。楽しみです。 
tenten-8001113-2012年10月14日 17時40分.jpg
    10月7日に那覇まつりが開催されました。 
    祭りの本番は大綱挽ですが、その前座にあたる旗頭のパレードを観に行きました。 
    小禄地区の旗頭で知り合いが演舞しているのです。 
    旗頭【はたがしら】は写真でみてもわかりますが、大きなのぼりがついた旗です。地域をあらわす文言や、旗の先には独特の飾り物が載っています。旗竿もふくめかなりの重量があり、主に地域の青年団のニーセータ(男達)がサーサーサーサーとかけ声をかけながら腰に乗せて練り歩く様は勇壮でみごとなものです。綱引きの時などに登場し、とくに那覇大綱挽きでは市内全域から東と西にわかれた14旗の旗頭が勢揃いして綱引きを盛り上げます。 
    私はゆいレールの牧志駅から小禄の旗頭隊とともに国際通りを端から端まで一緒に練り歩きました。この日はこのあと用事があったので肝心の綱引きには参加できませんでした。 
    しかし知り合いの勇壮な旗頭の演舞をみて満足でした。 
    最近こうやって沖縄の歴史的な催しに参加できる心の余裕が少しできてきたような気がします。 
    携帯でビデオをとってみました。映像が横になっていますが、雰囲気だけでも味わって頂けたらと思います。 
    【注意!!】クリック前に音量が大きいのでパソコン側で調整して小さくしておいたほうが良いかも知れません。 
    http://www.sisa.jp/videos/MAV_0004.mp4 
    http://www.sisa.jp/videos/MAV_0003.mp4
    PA0_0031b.jpg
    PA0_0035b.jpg
    PA0_0050b.jpg

    日時 2012年10月5日 PM7:30 
    唄三線 山内秀吉 琴 上條三枝子 
    場所 首里山川町1-7 フローリスト花枝2階 
    tenten-8001113-2012年10月11日 23時51分.jpg
    少し報告が遅くなりましたてんてんライブですが、お題は「山内盛彬伝承湛水流を謡う」と題して湛水流全曲を山内先生が唄います。まあ全曲といっても結局湛水流として現在残っているのは大節が5曲に端節が2曲の7曲のみです。しかしこんな少ない曲でも沖縄には湛水流が二派あり、大節は同時に斉唱できないほど違います。このことはいろいろな理由があるのですが、とにかく山内先生は山内盛彬先生のつたえる湛水流を広く世にひろめ、後世に残したいと日々活動を続けています。 
    全曲を生で聞ける機会はそうはなく、いつもながら難曲ばかりを弾きこなすテクニックの確かさに圧倒されます。 
    いつかは自分もあのように弾けるようになりたいと、日々怠け心が先に立つ自分には、良い心の鞭になるライブでした。 
    tenten-800536-2012年10月11日 23時50分.jpg
    ちなみに今回の観客は内容からいつもの常連3人かと思いきや、前回の十五夜ライブからの流れで全部で十名以上の人かあつまり盛況になりました。なにかと大変でしたがいつものように楽しい時間を過ごすことができました。 
    tenten-800536-2012年10月11日 23時51分.jpg
    次回212回のてんてんライブは「昔節5節を謡きゅる」と出して大節のオンパレードです。 
    ライブでは三線の手法や類似性の講義があり、現在優秀賞にむけて練習中の身には、よい勉強の機会になりそうです。
    tenten-8001101-2012年10月11日 23時57分.jpg


    日時 2012年9月30日 PM7:00 
    唄三線 山内秀吉 琴 上條三枝子 胡弓 新城清弘 その他
    場所 沖縄県国頭郡恩納村恩納6486 エコビレッジ・体験教室 エコビレッジ・マキヨ・屋嘉田 

    台風17号で沖縄本島が多大な影響をうけた翌日、9月30日の日曜日に恩納村でひらかれたてんてん移動ライブにスタッフで参加しました。
    場所は恩納村のどぅーたっち屋嘉田という山の中の自然体験施設。

    ライブの荷物を満載した軽貨物がとおる道路の信号はまっくろ。
    そうこのあたりは台風の影響で翌日も停電なんです。
    まさかとおもいながらついた会場も停電。しかもここは山のなかの一軒家、アンプやスピーカー、なにより照明が使えません。
    tenten-800536-2012年10月03日 00時30分.jpg
    幸い天気はよかったのですが、結局蝋燭とLED懐中電灯のわずかなあかりでライブはスタートです。

    tenten-800536-2012年10月03日 00時13分[1].jpg
    三線演奏はともかく、舞踊が3曲あったのですが、暗い中でもなんとかクリアしました。踊り手さんの芸の確かさに感心させられました。
    tenten-800536-2012年10月03日 00時13分.jpg
    曲目はその前に行うれた金曜ライブの曲が一部変更されたぐらいでなんとかライブは無事終了。
    その後の懇親会は運転があるので飲めなかったのですが、満月の煌々たる月の光の下、うまい食事を堪能しました。
    tenten-800536-2012年10月03日 00時31分.jpgtenten-800536-2012年10月03日 00時13分[2].jpg
    しかしトラブルとはいえ、蝋燭の淡い光に浮かび上がる琉装と踊りは実に幻想的で、めったにない素晴らしい演奏会となりました。
    tenten-800536-2012年10月03日 00時36分.jpg

    ウェブページ

    Powered by Movable Type 5.13-ja

    このアーカイブについて

    このページには、2012年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

    前のアーカイブは2012年9月です。

    次のアーカイブは2012年11月です。

    最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。