2012年1月アーカイブ

テーマ「ひやみかち 3 湛水流全」 
日時 2012年1月27日 PM7:30 
唄三線 山内秀吉 琴 上條三枝子 
場所 首里山川町1-7 フローリスト花枝2階 
tenten-800536-20120530 1225.jpg
----- 前半 ライブ演奏 ----- 
tenten-094.jpg
tenten-096.jpg
tenten-095.jpg
------- 後半 懇親会 ------- 
美味しそうな料理ですが、これを山内先生がご自分の手でつくるわけで、すごいです。
tenten-800536-20120530 1226.jpg
毎回料理の合間にでてくる沖縄そばですが、これが実にうまい、毎回出汁の種類をかえて、まさしくプロはだしです。
tenten-800536-20120530 1225[2].jpg

前回本物の昔づくりの爪を確認しました。 
頭になかにはそれをふまて、新たな形の爪がぼんやりと思い浮かんでいますが、とりあえずは年末からの爪の修正です。 
主に指をかける突起を本体にとりつけました。 
tenten-091.jpg
tenten-092.jpg
tenten-093.jpg
これで少しはつかいやすくなったようです。犬

テーマ「ひやみかち2 湛水流全」 
日時 2012年1月20日 PM7:30 
唄三線 山内秀吉 琴 上條三枝子 
場所 首里山川町1-7 フローリスト花枝2階 
tenten-800536-20120530 1219[1].jpg
----- 前半 ライブ演奏 ----- 
tenten-088.jpg
tenten-090.jpg
tenten-089.jpg
------- 後半 懇親会 ------- 

tenten-800536-20120530 1219.jpg


今回のオリジナル爪の製作意図は、昔の古典三線ヒチャー達が使っていた長い爪の現代への再現です。30年前のビデオでみた金武良章師匠の爪など、昔の偉大な師匠たちはなぜあのような長い爪を使っていたのか、現代は巨大な爪をつかうのは、その名残りなのか、その確認も含めてのおりじなる爪づくりですが、本当の昔の長い爪を直接みたことがなかったので、すべて想像をしながら製作でした。 
実際年末からいろいろやっていはいるものの、いまいち製作中の爪はピンときません。 
そうこう悩んでいるうちに、三線工房の師匠が声をかけてくれて、通ってきている他の生徒さんが、自分のおじいちゃんが使ってた昔作りの爪を貸してくれるとのこと。 
本来博物館などでしかみることができない本物の昔作りの爪を2個借り受けることができました。 
写真のものがそうです。 
tenten-085.jpg
tenten-086.jpg
tenten-087.jpg
もう本当に嬉しいです。ほっとした顔 
これを参考に次のモデルを作るつもりです。犬

テーマ「ひやみかち」 
日時 2012年1月13日 PM7:30 
唄三線 山内秀吉 琴 上條三枝子 
場所 首里山川町1-7 フローリスト花枝2階 
----- 前半 ライブ演奏 ----- 
tenten-083.jpgtenten-084.jpg
tenten-082.jpg

------- 後半 懇親会 ------- 
所属している野村流音楽協会の金城倶楽部新年会に参加しまた。 
場所は那覇市辻にあるレストラン宝楽、むかしからこの手のあつまりによく利用されるお店ということで、ちょっと古めの室内に歴史を感じてしまいました。 
tenten-079.jpg
練習のあとの食事ですが美味しかったです。
tenten-080.jpg
この日は先輩弟子の方(私以外はみなさん兄弟子ばかり)とはじめて合う方もおおく、緊張しまくりです。 
去年金城先生が受賞された県の功労賞についても、あらためてお祝いがされました。犬 
tenten-081.jpg

2012年今年最初のてんてんライブでした。 

テーマ「新年の宴」 
日時 2012年1月6日 PM7:30 
唄三線 山内秀吉 琴 上條三枝子 
場所 首里山川町1-7 フローリスト花枝2階 
----- 前半 ライブ演奏 ----- 
ちらし20120106.JPG
------- 後半 懇親会 ------- 
もうだいぶたったのですが、沖縄のムーチ(鬼餅)づくりについてすこし記事をアップします。 
使うのは方言でサンニン(月桃と買いてゲットウと読みます)の葉がまずいります。 
家まわりに生えているので、刈ってきてバケツに押し込みます。 
綺麗に水で洗っておきます。 
tenten-071.jpg
餅粉は最近はスーパーなどで売っているのでこれを買いますが、幼い頃は近くの粉屋(大体は豆腐屋を兼ねていた)にいき、もち米を引いてもらっていました。 
これに砂糖や黒糖、赤い餅は食紅などを混ぜて水をいれてこねます。 
tenten-072.jpg
あとはサンニンの葉に包んで、蒸し器でむします。 
淡い甘さとサンニンの独特の香りが懐かしい、ムーチの完成です。 
tenten-073.jpg
炊きたても美味しいですし、硬くなったものをバターでいためて砂糖醤油などでいただくのもなかなかです。犬

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.13-ja

このアーカイブについて

このページには、2012年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年12月です。

次のアーカイブは2012年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。