2011年5月アーカイブ

140回のてんてんライブは以下のようになりました。 

日時 2011年5月27日 PM7:30 
唄三線 山内秀吉 琴 上條三枝子 
場所 首里山川町1-7 フローリスト花枝2階 

1.十七八節 
2.鷲の鳥節 
3.揚作田節 伊集早作田節 
4.諸屯節(湛水流・野村流の比較) 
5.干瀬節 子持節 散山節 
6.舞踊曲「加那よー天川」 
20110527_1.jpg
冒頭の十七八節がじつにすばらしかったです。 
前回の名護公演から震災の鎮魂の唄という意味合いがつよくなっているのか、先生の気合の入り方がちがうようです。 
今回の比較は諸屯節(湛水流・野村流の比較) です。 
あいかわらず、難しい曲をからるがると弾きこなすものだとちょっと感動でする 
この日はいつもにもまして、懇親会の食事もおいしく良い演奏会となりました。 
参加メンバーか常連さんばかりなので、このすばらしい演奏を外部の方にきいてもらいたいとつくづくおもいます。 
20110527.jpg
参加費二〇〇〇円でここまでたのしめるので、お得です。ぜひてんてんライブへいらっしてください。犬 

20110527_2.jpg
************************************************************** 
ライブ空間「てんてん」HP 
http://www.fs-hanae.com/tenten.htm 
ライブ空間「てんてん」ブログ 
http://tententen.ti-da.net/ 
オリジナル三線の店 「天保三線店」 
http://www.sansinya.jp/ 
第139回のてんてんライブは「湛水流・野村流の比較 ぢゃんな節」と題して中巻の昔節の一節、ぢゃんな節の分析ライブでした。 
20110521_2.jpg

日時 2011年5月20日 PM7:30 
唄三線 山内秀吉 琴 上條三枝子 
場所 首里山川町1-7 フローリスト花枝2階 

1.伊江節 世栄節 垣の花節 揚沈仁屋久節 
2.若衆揚口説 
3.揚作田節 伊集早作田節 
4.ぢゃんな節(湛水流・野村流の比較) 
5.本花風節 二揚下出述懐節 
6.舞踊曲「加那よー」 
20110521_3.jpg
ぢゃんな節は比較的に声が出しやすいので好きな曲になります。 
この日は湛水流と・野村流のそれぞれのぢゃんな節を歌います。 
この日も両方の曲の比較で、湛水流の華麗さと野村流のしっとりした感じはますますつよくなりました。 
この想いは、想いだけではなく、実際の自分の体でもたしかめました。 
前回のblogでもかきましたが、湛水流に正式入門した私ですが、この日曜日にはみっちり湛水流の曲を歌いこみました。 
なかにはぢゃんな節もありましたが、比較的に野村流ににていたのせいもあり、他の曲に比べて歌えたような気がします。 
いずれにしても難しいのでけどね。 
20110521_4.jpg
************************************************************** 
ライブ空間「てんてん」HP 
http://www.fs-hanae.com/tenten.htm 
ライブ空間「てんてん」ブログ 
http://tententen.ti-da.net/ 
オリジナル三線の店 「天保三線店」 
http://www.sansinya.jp/
    さる5月の19日に開かれた湛水流伝統保存会の平成22年度定期総会に参加しました。 
    場所は首里公民館の3階和室、午後7時です。 
    20110519_1.jpg
    もちろん平日です。 
    この日は午後から野村流の練習会があるので、午後から会社を休んでいたので、夜にはつつがなく参加できました。 
    湛水流の定期総会はもちろんはじめての参加です。 
    参加にあたってはいろいろ事情があるのですが、とにかくY先生の門下生として正式の参加となりました。 
    実際途中までつつがなく進行した総会は、役員人事で大騒動がもちあがりました。 
    私もはじめてみる組織の定例会でのトラブルですが、いろいろ差しさわりがありそうなので、くわしいことは書けませんが、とにかく副会長だったY先生が降格されて一介の幹事になったことだけはお伝えします。 
    なんとか会は終了し、ちょっとしたオードブルなどもでて、食事をしましたが、異様な雰囲気でした。 
    20110519_2.jpg
    この日は三枚目の写真にもあるとおり霧の深い夜でした。 
    写真は首里城です。 
    20110519_3.jpg
    とにかくY先生には、これまでも練習はつけていただいていたのですが、このほど私、比嘉は正式に湛水流に入門しました。 
    野村流および古典、そして琉楽をより深く知るために、大きなステップになると信じています。
    ちょっとワクワクです。
    第138回のてんてんライブは「湛水流・野村流の比較 首里節」と題して中巻にもある首里節の分析のライブでした。 

    日時 2011年5月15日 PM7:30 
    唄三線 山内秀吉 琴 上條三枝子 
    場所 首里山川町1-7 フローリスト花枝2階 

    1.世栄節 垣花節 揚沈仁屋久節 
    2.早口説 
    3.道輪口説 
    4.四季口説 
    4.首里節(湛水流・野村流の比較) 
    5.花風節 本花風節 
    6.散山述懐節 
    7.伊計離節 
     谷茶前節 
    20110513_1.jpg
    首里節は現在野村琉の中巻の練習で歌っている曲なので、非常に注目してきいていました。 
    この曲の低音のつづく部分が苦手で、どうしても曲にうまく乗れません。 
    それでその部分を注意してきいてたのですが、やはり湛水流のほうが、唄に躍動感というか、遊びがあるようです。 
    そのせいで苦手な低音部分もきにならずに、鑑賞することができました。 
    こうして湛水流・野村流をききくらべると華やかな湛水流にたいして、それをもとにつくりだされた野村流の落ち着いた曲調は、高いところでは概して落ち着いて良い感じですが、低い部分ではメリハリがすくなく、音楽的にはどうよ?と思えます。 
    今回の懇親会は人数もすくなく6名程度の会となりました。 
    20110513_2.jpg
    しかしあいかわらずオードブルもおいしく、とくに3枚目に映っているのは3枚肉の煮つけですが、肉はヤマシーシーつまり猪の肉だそうです。 
    豚とはやはり違い、赤身も油も味が濃くておいしかったです。
    20110513_3.jpg

    ネットで読んだある一文にひかれて藤田正著「沖縄は歌の島」-ウチナー音楽の500年-を図書館で借りてよみました。 
    その一文を要約すると「沖縄の三線はギターのようなメロディーを奏でるのではなく、実は手拍子や太鼓・ドラムようなリズム楽器なのである」ということなのだそうだ。 
    実はこの内容については通っている首里のY先生からも同じことを言われたことがあり、今回も本をよんであらためて先生に確認すると「古典音楽についてはその通り、リズム楽器としての性格が強い」とのことだそうだ。 
    ※先生の話しは、とくに舞踊曲などについて地謡などで大切な三線の役割についての説明ででた話でした。沖縄古典音楽の基本は2拍子であると話もそのときに聴きました。 
    三線をひくうえで強弱のリズムの大切さを強く教えられました。 
    本によると、三線が導入される以前、沖縄にはすでに高度に発達した手拍子、もしくは太鼓による唄による音楽文化があった。今にのこるオモロなどのようなものでしょうね。 
    そこに中国からさまざまな楽器が伝来してきたが、結局広くとりいれられたのは三線だというのだ。 
    そのさい三線の役目は手拍子・太鼓なのどのかわりにリズムを刻む道具として導入されたというのだ。 
    なんかすごく納得しました。 
    最近古典音楽をやっていると、沖縄音楽のなかにおける位置づけというか、過去からのつらなりについて良く考えます。 
    この本は古典・民謡・ポップスの垣根をこえて、沖縄の音楽を広くとらえて、過去から検証してます。 
    琉楽とはなかに、最近よくかんがえることの多い私にはすごく参考になった一冊でした。
    20110512_1.jpg

    第137回のてんてんライブは「湛水流・野村流の比較 作田節」と題して中巻の冒頭にもある作田節の分析のライブでした。 
    20110506_1a.jpg
    日時 2011年5月6日 PM7:30 
    唄三線 山内秀吉 琴 上條三枝子 
    場所 首里山川町1-7 フローリスト花枝2階 

    1.安波節 子守節 鷲の鳥節 
    2.干瀬節 七尺節 
    3.浜千鳥節 
    4.作田節(湛水流・野村流の比較) 
    5.前之浜節 与那原節 坂原口説 
    6.仲間節 仲村梁節 赤田風節 
    7.散山述懐節 
    8.鳩間節 

    湛水流と野村流が同じ曲を抱えているというのは不思議かつ重要なことではないかと最近とくに感じます。 
    懇親会は前回の名護公演で力がぬけたのか、常連のみの会でした。 
    しかし今回は泡盛は甕から次いで、その芳醇にうまさによいしれます。 
    20110506_2a.jpg
    3枚目の写真、結構ショッキングだとおもいますが、その正体はもちろん指なんかではありません。 
    20110506_3a.jpg
    豚のしっぽの部分だそうです。 
    なにもいわずこれをムシャムシャ食べたらちょっと友人たちからひかれるかもです。 


    いつもおもうのは、いつまでもてんてんライブが続きますようと、祈っています。 
    **************************************************************
    ライブ空間「てんてん」HP 
    http://www.fs-hanae.com/tenten.htm 
    ライブ空間「てんてん」ブログ 
    http://tententen.ti-da.net/
    オリジナル三線の店 「天保三線店」
    http://www.sansinya.jp/

    家の裏に植えてある珈琲の木に今年も鈴なりの花がさきました。 
    20110506_1.jpg
    去年はそこそこ豆が収穫できましたが、今年の分とあわせると自家製珈琲をのめるかもしれません。 
    20110506_2.jpg
    3枚目の写真は庭に生えている長命草という草です。ハーブの一種ですが、葉を刺身のつまにします。梅雨の時期は植物が実に元気です。
    20110506_3.jpg

    第136回のてんてんライブは名護の数久田公民館で特別公演です。 
    私も観客のひとりとして参加するためにてんてんライブの常連さんたちとでかけます。 
    Nさんの運転する車に那覇インターチェンジから同乗させてもらいます。
    そのほかに乗り合わせたのはS氏と私、そしてN氏の3人です。 
    名護の許田までとちゅうN氏の高速における工法について、いろいろ講義をききながら到着です。 
    名護についたのは4時ごろですが、てんてん開演の7時半にはまだ間があります。 
    そこらからN氏につれられて、名護の名所をまわりました。 
    去年に尋ねた伊野波の歌碑にも再度いきました。 
    最後はマックで休憩して、目的の名護市数久田公民館には7時前につきました。 
    残念なことに今日は雨のために本来のレイアウトではなく、舞台の半分に客席をのせての公演です。
    開園すると演奏は先週のプレ公演とかわらずすばらしいものでしたが、音響がさすがになれていないのか、ところどころハウリングがはいったりして、あまり良い状態ではなかったです。 
    それでも舞踊曲になると上条先生の娘さんである上条絵奈美さんのおどりがはいって舞台が華やかになります。 
    20110430_1.jpg
    彼女はラジオのフリーアナウンサーをしたり、過去にはオリオンガールにも当選したかなりの美人ですが、日頃はチャキチャキの現代子です。それが踊りの衣装をみにまとうと、しっとりした琉球美人にかわります。 
    20110430_2.jpg
    下が当日の内容です。 第136回てんてんライブ「名護公演」 日時 2011年4月30日 PM7:30 
    唄三線 山内秀吉 琴 上條三枝子 
    太鼓 仲元紀雄 舞踊 上条上条絵奈美 
    場所 名護市数久田公民館 

    1.十七八節(鎮魂歌) 
    2.舞踊曲「かせかけ」 
    3.暁節(湛水流・野村流の比較) 
    4.安波節 平敷節 大兼久節 
    5.舞踊曲「前の浜」 
    6.仲間節 仲村梁節 
    7.散山述懐節 
    8.舞踊曲「鳩間節」 
    20110430_3.jpg
    9時半ちかくまで舞台はつづきました。 
    結局観客は160名ちかくあつまったとのことで、まあまあの成功だったおもいます。 
    当日の入場料など過去4回分のてんてんライブの義援金とあわせてタイムス社経由で寄付されたそうです。 
    打ち上げは結局いつものてんてんの仲間とスタッフでささやかに行われ、その後雨のなかN氏の車でちぢみあがりそうなスピードで那覇への帰途につきました。
    **************************************************************
    ライブ空間「てんてん」HP 
    http://www.fs-hanae.com/tenten.htm 
    ライブ空間「てんてん」ブログ 
    http://tententen.ti-da.net/
    オリジナル三線の店 「天保三線店」
    http://www.sansinya.jp/

    会社近くの浜辺です。

    | コメント(0) | トラックバック(0)
    会社出勤前に少し時間がありましたので、近くの浜辺にたちよりました。 

    北中城湾になるのでしょうか。那覇の端、小録から40分の距離の海です。 
    20110424_2.jpg
    浅瀬の静かな海でちょっとリフレッシュです。 
    この季節浜辺に小さな黄色い花が咲いていて心慰められます。
    20110424_3.jpg

    135回ライブ空間てんてん金曜古典ライブは「名護公演に向けて」と題して大震災チャリテイのクライマックスである名護公演の準備という位置づけの公演となりました。 
    今回も次回の名護公演までは東日本大震災チャリティーと題して、入場料などを義援金として寄付するとのことです。 
    20110422_1.jpg
    日時 2011年4月22日 PM7:30 
    唄三線 山内秀吉 琴 上條三枝子 
    場所 首里山川町1-7 フローリスト花枝2階 

    1.十七八節(鎮魂歌) 
    2.舞踊曲「かせかけ」 
    3.暁節(湛水流・野村流の比較) 
    4.安波節 平敷節 大兼久節 
    5.舞踊曲「前の浜」 
    6.仲間節 仲村梁節 
    7.散山述懐節 
    8.舞踊曲「鳩間節」 
    20110422_3.jpg
    クライマックスの名護公演にむけて、発表の装置も100インチの液晶にかえたりと、かなりグレードアップした内容のライブでした。 
    今回は実際の舞踊ははいりませんでしたが、次回は踊りもはいるので、実にたのしみです。 
    演奏はプレとはいいながら、しっかりしたもので、聴きごたえがありました。
    20110422_2.jpg
    **************************************************************
    ライブ空間「てんてん」HP 
    http://www.fs-hanae.com/tenten.htm 
    ライブ空間「てんてん」ブログ 
    http://tententen.ti-da.net/
    オリジナル三線の店 「天保三線店」
    http://www.sansinya.jp/


    134回ライブ空間てんてん金曜古典ライブは「琴と尺八のコラボ」と題して沖縄ではめずらしい尺八と大和琴とのライブ演奏です。 
    今回もふくめて5回のライブは東日本大震災チャリティーと題して、入場料などを義援金として寄付するとのことです。 
    20110415_1.jpg
    日時 2011年4月15日 PM7:30 
    場所 首里山川町1-7 フローリスト花枝2階 

    一琴 宇栄原歌萌 平良歌代乃 
    二琴 大川歌容 
    尺八 宮里剣山 宇栄原剣遊 赤嶺剣清 
    20110415_3.jpg
    琉球琴とは違う大和琴の自己主張のはっきりした音作りは新鮮でした。 
    また尺八の幽玄な世界は生でしか味わえないものかしれません。 
    ライブでこんな身近に演奏があじわえる。その醍醐味を満喫できるライブでした。 
    20110415_2.jpg
    **************************************************************
    ライブ空間「てんてん」HP 
    http://www.fs-hanae.com/tenten.htm 
    ライブ空間「てんてん」ブログ 
    http://tententen.ti-da.net/
    オリジナル三線の店 「天保三線店」
    http://www.sansinya.jp/


    去年に三線の参加組織を関東の神奈川から沖縄県の那覇市に移しまた。 
    この4月17日には新たに属した野村流音楽協会の那覇支部の平成23年度の定期総会に参加しました。 
    場所は「沖縄ホテル」那覇市大道にある、いかにも歴史のありそうなホテルでした。 
    20110417_1.jpg
    参加者はそれほどおおくなく50名程度でしょうか。 
    全体にお年をめした先輩方がおおいような気がしました。 
    20110417_2.jpg
    この手の例会につきものの、演奏会斉唱で 
    1.かぎやで風節・恩納節・中城はんた前節・辺野節ろこてい節 
    2.金武節・白瀬走川節・大兼久節・港原節・ごえん節 
    3.天川節・ちるれん節 
    4.茶屋節・すき節 
    などを歌います。 
    間に去年の優秀・最高賞をとった方の独唱で2揚げの曲を聴きます。 
    食事などもあり
    20110417_3.jpg
    また総会の本来の目的である年間行事や会計の承認などもあり、基本的には川崎とかわりませんが、やはり仲間がおらず一人で参加するは少々さびしいかぎりです。 
    そのうち知り合いができればもっと楽しいとおもうのですが、しばらくはがまんです。 
    133回ライブ空間てんてん金曜古典ライブは「八重山民謡の伝播と変遷」と題して琉楽で博士号をとった唯一の沖縄人である新城 亘氏の講演と実演です。 
    今回もふくめて5回のライブは東日本大震災チャリティーと題して、入場料などを義援金として寄付するとのことです。 
    20110408_1.jpg
    日時 2011年4月8日 PM7:30 
    唄三線 新城亘 
    場所 首里山川町1-7 フローリスト花枝2階 

    テーマ「沖縄芸能の中の八重山歌」 
    20110408_3.jpg
    仕事で1時間ほどおくれて参加したのが悔やまれますが、途中から参加しても新城氏の講演と実演おもしろさはかわらず、いかに八重山民謡が伝播して本島の民謡・古典に影響をあたえか。 
    なかんずく組踊や芝居にとりいれられたのかなどの論説が実演をともなって実に面白かったです。 
    これが懇親会もいれて2000円であじわえるのですから、てんてんライブはやめられません。 
    それにしても八重山民謡のおもしろさよ。いつかは挑戦してみたい分野ではあります。
    20110408_2.jpg
    **************************************************************
    ライブ空間「てんてん」HP 
    http://www.fs-hanae.com/tenten.htm 
    ライブ空間「てんてん」ブログ 
    http://tententen.ti-da.net/
    オリジナル三線の店 「天保三線店」
    http://www.sansinya.jp/



    132回ライブ空間てんてん金曜古典ライブは「十七八節を解く」と題して最高賞の課題曲でもある十七八節の分析をメインにライブがおこなうわれました。 
    今回もふくめてしばらくは東日本大震災チャリティーと題して、入場料などを義援金として寄付するとのことです。 
    20110401_1.jpg
    日時 2011年4月1日 PM7:30 
    唄三線 山内秀吉 琴 上條三枝子 
    場所 首里山川町1-7 フローリスト花枝2階 

    1.十七八節 本花風 
    2.若衆揚口説 
    3.暁節(湛水流・野村流の比較) 
    4.伊集早作田節 中作田節 
    5.干瀬節 子持節 
    6.百名節 
    20110401_2.jpg
    古典の最高賞の課題曲のうち難曲として有名な十七八節の解説をメインにライブをが開かれました。 
    十七八節はたしかに難しい曲ですが、聴いていると実に味わい深い曲で、課題曲だからいうのではなく、純粋に曲として極めてみたい想わせる曲です。 
    20110401_3.jpg
    **************************************************************
    ライブ空間「てんてん」HP 
    http://www.fs-hanae.com/tenten.htm 
    ライブ空間「てんてん」ブログ 
    http://tententen.ti-da.net/
    オリジナル三線の店 「天保三線店」
    http://www.sansinya.jp/

    131回ライブ空間てんてん金曜古典ライブは「干瀬節を解く」と題して二揚げの代表曲干瀬節の分析をメインにライブがおこなうわれました。 
    なお今回から東日本大震災チャリティーと題して、入場料などを寄付するなどの活動に入るとのことです。 
    20110325_1.jpg
    日時 2011年3月25日 PM7:30 
    唄三線 山内秀吉 琴 上條三枝子 
    場所 首里山川町1-7 フローリスト花枝2階 

    1.暁節 干瀬節 
    2.春の踊り 秋の踊り 
    3.湛水流 諸屯節 
    4.十七八節 本花風 
    5.揚口説 かぎやで風(下句) 湊くり節 百名節 

    古典の優秀賞の課題曲のうち2揚げの代表曲である干瀬節の解説をメインにライブをすすめました。 
    今回は揚口説という曲をききました。 
    いくつか聴きなれている曲を組み合わせて構成されていますが、こうしてまとめて聴くと違うおもしろさがでていいものだとおもいました。 
    20110325_2.jpg
    20110325_3.jpg
    **************************************************************
    ライブ空間「てんてん」HP 
    http://www.fs-hanae.com/tenten.htm 
    ライブ空間「てんてん」ブログ 
    http://tententen.ti-da.net/
    オリジナル三線の店 「天保三線店」
    http://www.sansinya.jp/


    三月の初めに庭のシークワーサーが一斉に花をつけました。 
    小さいけれど枝いっぱいにさいた清純な白い花からは、結構鮮烈なさわやかな香りが匂い立っていました。 
    それで今週ぐらいには、枝いっぱい小さな実をつけています。 
    去年は不作でしたが、今年は豊作になりそうです。 
    ただ昨日も見つけてふみつぶしましたが、カミキリムシが幹をねらってかなり飛来してきています。 
    去年は一本やられて、その木は半分枯れて、枝をおとしました。 
    今年は虫にはとくに注意しないといけないかもしれません。 

    写真1・2 3月初めごろの花の写真 
    20110421_1.jpg
    20110421_2.jpg
    写真3 先週ぐらいの実の写真
    20110421_3.jpg

    130回ライブ空間てんてん金曜古典音楽ライブは「平和ピアノコンサート」と題して池邉幸恵さんによるピアノコンサートがおこなわれました。 
    日時 2011年3月18日 PM7:30 
    ピアノ弾き語り 池邉幸恵 
    20110318_1.jpg
    1.原爆映像 テンペストソナタ第三楽章 
    2.声なき声 詩の朗読 
    3.朝鮮と日本アリラン変奏曲 
    4.戦争と沖縄さくらさくら幻想曲 
    5.人間を帰せ 峠 三吉(弾き歌い) 
    6.アオギリの歌 
    7.すべてはここからはじまった等数曲 
    20110318_2.jpg
    久しぶりのピアノコンサートなので、楽しみしていました。ピアノ演奏はすばらしかつたのですが、結構ショックな映像などの演出もあり、いろんな意味で心にのこるコンサートになりました。 
    再度聴きにいくのは精神的にちょっとしんどいかもしれません。 
    懇親会の池邉先生はじつに楽しくて、パワーあふれていました。これもまた出会いというものだとおもいます。 
    写真の料理はヤギの生刺です。みためはちょっとですが、味は結構いけます。
    20110318_3.jpg
    **************************************************************
    ライブ空間「てんてん」HP 
    http://www.fs-hanae.com/tenten.htm 
    ライブ空間「てんてん」ブログ 
    http://tententen.ti-da.net/
    オリジナル三線の店 「天保三線店」
    http://www.sansinya.jp/


    129回ライブ空間てんてん金曜古典ライブは「暁節を解く」と題して中間の暁節を分析をメインにライブがおこなうわれました。 
    20110311_1.jpg
    日時 2011年3月11日 PM7:30 
    唄三線 山内秀吉 琴 上條三枝子 

    1.暁節 
    2.安波節 子守節 
    3.湛水流 ぢゃんな節 
    4.むんじゅる 
    早作田節 むんじゅる節 芋の葉節 赤山節 
    5.花風節 本花風節 
    6.十七八節 
    7.干瀬節 白鳥節 
    20110311_2.jpg
    古典の優秀賞の課題曲にもよくなる暁節について、演奏のポイントなど丁寧に説明しながらのライブは演奏者としてとてもためになります。 
    それにしても花風節と本花風節どちらも難しい曲で、しかもよくにているのに、つづいて演奏できるのにはいつもながら感心させられます。
    20110311_3.jpg
    **************************************************************
    ライブ空間「てんてん」HP 
    http://www.fs-hanae.com/tenten.htm 
    ライブ空間「てんてん」ブログ 
    http://tententen.ti-da.net/
    オリジナル三線の店 「天保三線店」
    http://www.sansinya.jp/


    ちょっと時間がたっていますが、備忘録として記事をアップしていきます。 
    20110304_1.jpg
    今回のライブ空間てんてんは3月4日、つまり三線の日です。 
    本来は昼の12時あわせて三線を弾くそうですが、今回は夜のライブ開催にあわせてみんなで弾くとのことです。 
    128回ライブ空間てんてん金曜古典ライブは「かぎゃで風を歌おう さんしんの日」と題して以下の曲が歌われました。 
    20110304_2.jpg
    日時 2011年3月4日 PM7:30 
    唄三線 山内秀吉 琴 上條三枝子 ※その他観客のみなさん。 

    1.かぎやで風節 恩納節 辺野喜節 
    2.湛水流 首里節 
    3.仲間節 仲村梁節 
    4.本赤田花風節 赤田花風節 
    5.干瀬節 子持節 散山節 仲風節 述懐節 

    かぎやで風は参加している観客もふくめてみんなで歌いました。 
    たのしいライブになりました。
    20110304_3.jpg
    **************************************************************
    ライブ空間「てんてん」HP 
    http://www.fs-hanae.com/tenten.htm 
    ライブ空間「てんてん」ブログ 
    http://tententen.ti-da.net/
    オリジナル三線の店 「天保三線店」
    http://www.sansinya.jp/


    ちょっと時間がたっていますが、備忘録として記事をアップしていきます。 
    20110227_1.jpg
    M先生から切符をいただき、強いすすめもありまして、野村流音楽協会の舞踊地謡研修部の自主公演「となか」をみにいきました。 
    場所は読谷村文化センターです。 
    結構遠かったのですが、出演者が教師以上なので、演奏のクオリティもたかく、実によい演奏会でした。 
    20110227_2.jpg20110227_3.jpg

    ちょっと時間がたっていますが、備忘録として記事をアップしていきます。 
    20110225_1.jpg
    今回のライブ空間てんてんはいつもの先生方にくわえてゲストの城間さんとの3人会とのことです。 
    日頃は懇親会などで親しくさせていただいている城間さんの正式な舞台というので、こちらも緊張しました。 
    127回ライブ空間てんてん金曜古典ライブは「三人会パート1」と題して以下の曲が歌われました。 

    日時 2011年2月25日 PM7:30 
    唄三線 山内秀吉・城間重光 琴 上條三枝子 

    1.かぎやで風節 金武節 ごえん節 
    2.仲間節(城間) 仲村梁節 (山内) 赤田花風(城間) 本花風節(山内) 
    3.湛水流 作田節 早作田節 
    4.干瀬節(城間) 子持節(山内) 散山節 (城間) 
     仲風節(山内) 述懐節(城間) 
    5、白鳥節 
    20110225_2.jpg
    城間さんの実に渋い歌に、いつもながら艶のある山内先生の声と、いつもながら古典の粋を堪能させてもらった夜でした。 
    もちろん懇親会もいつも以上にもりあがりました。やはり演奏者とみじかにふれながらの環境というのは刺激的で実に良いです
    20110225_3.jpg
    **************************************************************
    ライブ空間「てんてん」HP 
    http://www.fs-hanae.com/tenten.htm 
    ライブ空間「てんてん」ブログ 
    http://tententen.ti-da.net/
    オリジナル三線の店 「天保三線店」
    http://www.sansinya.jp/


    ちょっと時間がたっていますが、備忘録として記事をアップしていきます。 
    20110218_1.jpg
    今回のライブ空間てんてんはかなりめずらしい企画となりました。 
    126回は「植物音楽を聴く」と題してジョウジ ショウ(上地昇氏)の植物音楽を聴く会となりました。 

    日時 2011年2月18日 PM7:30 
    講師 ジョウジ ショウ(上地昇氏) 

    1.僕は何故植物音楽なるものをつくったか 
    2.その背景にある思想・哲学はなにか 
    3.植物音楽は人間の日常生活に応用できるのか 

    といったようなながれで講演と実際の音楽をききました。 
    植物の表面にながれる微弱な電気信号をとりだして、音楽して構成したものですが、かなりユニークなライブでした。 
    ライブ後半に娘さんの二胡の演奏もあり、あまり二胡の生は聴いたことがないので、かなり聴きごたえがありました。
    20110218_2.jpg
    **************************************************************
    ライブ空間「てんてん」HP 
    http://www.fs-hanae.com/tenten.htm 
    ライブ空間「てんてん」ブログ 
    http://tententen.ti-da.net/
    オリジナル三線の店 「天保三線店」
    http://www.sansinya.jp/


    いろいろ忙しく、しばらくmixiの記事を書いていませんでしたが、備忘録がわりにまた再開します。 
    去年からはじめた棹の塗りの作業ですが、いろいろ試行錯誤を重ねながら現在でもつづいています。
    写真の棹はそれざれ 
    20110216_1.jpg20110216_2.jpg20110216_3.jpg
    一番左 首里のお世話になっている琴の先生からあずかった昔づくりの棹です。 
    塗装を剥いで、ひびなどの修復をおえて、スンチーで塗り直し中です。 
    材はゆし木です。作りは昔づくりの真壁型です。薄くて良くヒビきます。 
    次の左から2番目が、自分が一番最初に作った棹です。 
    材は花梨です。塗りはカシューの黒です。 
    次の3番目が2本目に製作したもので、材はちょっとおもしろいオーストラリア産のユーカリの木です。 
    もともと鉄道の枕木だったものです。 
    塗りはカシューの黒です。 
    一番右端のものが、中古でさがして譲ってもら立ったものです。 
    もともとは黒塗りでしたが、剥いでさまざま修復をおこない、スンチー塗りにしたててあります。 
    材は黒木で、作りは昔づくりの真壁型です。 
    この写真をとった時点は2月の半ばですが、あれから何回も重ね塗りして、もうすぐ仕上がりそうです。 
    はやく塗りのおわった各三線でいろんな歌を唄ってみたいものです

    ウェブページ

    Powered by Movable Type 5.13-ja

    このアーカイブについて

    このページには、2011年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

    前のアーカイブは2011年2月です。

    次のアーカイブは2011年6月です。

    最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。