2009年3月アーカイブ

 去年の12月後半から初めて大体2ヶ月ちょっとぐらいですか。今日の練習で目標の500回のちょうど半分まできました。
 さて最初の頃は工工四をみながら三線をポロロンと弾いていたわけですが、現在の練習方法は自分なりに、いろいろ工夫してかなり変わっています。
 写真の1をみるとわかりますが、工工四をパソコンに書き写して、拡大印刷したものを利用しています。


DSC_0003.jpg

自分の音程について、正直よくわからないので、チューナーにPC用の安いマイクを接続して、声の高さを確認してます。
 ※これがちょっとおもしかったのですが、当初マイクの端子を接続してもチューナーが反応しなかったですが、偶然にスピーカー側の端子をつけたら反応するのをみつけました。
 たぶんスピーカーがひろった音声が逆に電気信号となってチューナーに流れているんだと思います。発生する逆起電力がちょうどチュナーを動作させるのに都合のよい大きさだったんでしょうね。
 PC用のヘッドセットを用意し、そのマイク部あわせてチューナーのマイクも取り付けています。さらにヘッドセットのマイク側はパソコンへつなげて自分の声を録音しています。
 2台のパソコンのうち一台は伊野波節の再生につかい、一台はフリーソフトのサウンドエンジン(2枚目の写真)を起動させて声の録音につかっています。



DSC_0007.jpg これは後で再生して自分の声を確認しているのですが、なんか再生するたびにひどさに打ちひしがれます。[m:53]それでも録音したての最初の頃に比べてちったあ進歩しているよと、自分を慰めています。[m:208]

 

 

 

  

 さて練習の成果ですが、250回の練習で今日はじめて伊野波節の工工四のうち弦楽部の暗譜が一通りできました。
ちょっと嬉しいです。
 そしてあれほど苦しんだ高音域についてとりあえずEまでは使えるようになりました。工工四だと七と八の音域ですね。
1ヶ月前までDが限界で、Eはむちゃくちゃ声を張って使い物にならないレベルだったことを考えると感無量でする
 さらに高音ということでいうと、喉が意図的に絞れるようになったので出すだけならGまで出るようになりました。写真3枚目です。
つまり最初はじめたころから高音域が3音出せるようなったわけです。
これを音記号で表すと12月末時点が音高12で (F)GABCDEFGABC(DE) だったのが音高1で FGABCDEFGABCDE(FG)ぐらいまでは声がでるようになったわけです。[m:242]

DSC_0001a.jpg

これからの目標ですが、まずは5月までに声楽譜をしっかり暗譜し、先生の声をきかずにちゃんとした独唱ができるようになることです。
正直いま録音している声を聞いていると、まだ恥ずかしいでレベルです。

 しかしここにきて暗譜が少しできたこともあり、三線倶楽部の活動に顔を出そうかと思っています。
以下のようなイベントがあります。

春のコンサート「沖縄の歌と踊りのチャンプルー」
- 横須賀市浦賀公民館主催 -
公演スケジュール
開催 3月28日
午後1時半 開場/ 午後2時 公演開演/ 午後4時半 公演終了
場所:浦賀公民館:京浜急行浦賀駅徒歩4分 浦賀警察署裏

 正直伊野波節の練習があったので、今回は観客として参加かとおもっていましたが、幕間の簡単の演奏ぐらいなら出ることができそうです。 舞台度胸をつける意味で参加しようかと思っています。
 沖縄音楽に興味のある方はぜひ観に来てください。
 また興味がある知り合いにぜひ情報をお伝えください。
[m:43]

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.13-ja

このアーカイブについて

このページには、2009年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年2月です。

次のアーカイブは2009年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。